バストアップサプリは安全に胸を大きくすることができる?

バストアップサプリって「安全なの?飲んでも副作用はないの?」と不安に感じていませんか?

たしかにバストアップサプリの副作用に関して色々なことが言われているのは事実。
そして、実際のところバストアップサプリには、「副作用が出る可能性あり」と思ってください。

本来、バストアップサプリは、厚生労働省が定める健康食品の一つです。
つまり、厚生労働省が定める規格を守っているということ。
むしろ体調を整えたり、衰えていた機能を回復させたりと体にとってプラスに作用します。

ただし安全なのは、バストアップサプリの容量や用法を守った正しい飲み方をした場合に限ります。

たとえば、商品の容量を守らず過剰な摂取をした場合。
女性ホルモンのバランスを崩して、「めまい」「吐き気」などの症状を引き起こす危険性があります。

また、サプリの用法・容量を守って飲んでいる場合でも、体調やサプリとの相性によって、変化が現れる場合があります。

そこで今回は、バストアップサプリで引き起こす危険性のある副作用について勉强していきたいと思います。

バストアップサプリの服用で体調が悪くなる場合もあります!

バストアップサプリを飲むことで引き起こされる危険性のある副作用について紹介していきます。

アレルギー発作を引き起こす
バストアップサプリに含まれている成分は、葉・根・茎など、植物由来の成分ですが、体質によってアレルギーを発症してしまうこともあります。
メーカー側も多くの人を相手に治験を繰り返し、アレルギーが発症しないように作っていますが、発生する確率は0ではないので注意が必要です。

また、食物アレルギーをもっている人は、しっかりと成分チェックをしてから飲むようにしてください。

ホルモンバランスが乱れる
バストアップサプリに配合されている有効成分には、女性ホルモンの分泌を増やす効果があります。
なので、過剰な摂取をしたり、体調が悪いときに飲んでしまうと、体内のホルモンバランスを崩してしまう危険性があります。

症状としては、吐き気、倦怠感、生理不順、貧血、ひどい場合だと不妊症になってしまったというケースもあります。
そのため、「妊娠したら飲まない」「授乳期間中も飲まない」「生理の時は飲まない」「お酒と一緒に飲まない」「性交前後には飲まない」「ピルと一緒に服用しない」といったように用法を守って飲む必要があります。

海外産のバストアップサプリには注意すること

基本的に日本産のバストアップサプリを飲む分には、副作用の危険性は、少なくなります。

ですが、海外産のバストアップサプリを服用する場合は、注意が必要。
なぜなら、日本は、健康食品に限るのですが、海外産のサプリだと、食品と薬品の中間に分類されるため、薬品が含まれていることがあります。

たとえば、風邪薬。
薬の種類によっては、眠気や吐き気、目まいを引き起こすことがありますよね?
これと同じく、薬品が含まれていると副作用を引き起こすリスクが高くなると考えてください。

なので、海外産のサプリには注意する必要があります。