産後のバストケアが重要なワケ

産後バストケア

妊娠中に大きくなったバストは、母乳育児やミルク育児に関係なく、授乳期が過ぎると妊娠前のバストサイズにまで戻ってしまったり、妊娠前よりも小さくなってしまいます。

なによりもビックリするのが、産後の胸は、胸が離れたり、垂れたり、しぼんでしまったり、と妊娠前よりも見た目が醜いバストになってしまいます・・・
妊娠前より胸の大きさが小さくなるならまだしも・・・

ということで、今回は、産後にするバストアップやバストケアの「重要性」と「気を付けるポイント」について紹介しています。

産後に胸が小さくなったり下垂する原因

産後に胸が小さくなったり、垂れてしまう理由は2つあります。

  • クーパー靭帯が伸びてしまう
  • 女性ホルモンの分泌量の減少

クーパー靭帯が伸びてしまうと「胸は垂れてしまい」、女性ホルモンの量が減ると「胸は小さくなってしまう」のです。

クーパー靭帯とは

乳房はその殆どが脂肪で出来ていて、乳房の中に筋肉はありません。
筋肉に代わって、乳房の重さを上に引っ張り支えるゴムのような働きをしているのがクーパー靭帯です。
クーパー靭帯は筋肉と乳腺を繋いで乳房の下垂を防いでいます。
しかしこのクーパー靭帯は繊細なので、刺激をたくさん受けると伸びてしまったり、切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

女性ホルモンの分泌量減少
妊娠すると母乳を出すために乳腺が発達し、胸が大きくなります。
この乳腺を成長させるはたらきをするのが女性ホルモンです。

しかし、産後しばらくすると体が「もう母乳は大丈夫だろう」と判断し、じょじょに女性ホルモンが分泌される量は減っていきます。
そして、女性ホルモンの分泌量が減ると乳腺も小さくなっていきます。
その結果、母乳を出すために大きくなった胸は小さくなります。

クーパー靭帯が伸びてしまう
妊娠して胸が大きくなると「重み」に筋肉が耐えられなくなり、筋肉が伸びて、胸が垂れる原因に。
これは胸と筋肉を繋ぐクーパー靭帯が伸びることにより、産後に胸が垂れてしまうのです。

クーパー靭帯の役割は、胸が垂れないように、離れないように形をキープすること。
このクーパー靭帯が切れたり、伸びてしまうと胸はずっと垂れたまま、離れたままになってしまいます。

そして、妊娠して大きくなった胸を支えるためにピンと張ったクーパー靭帯は、産後、胸が小さくなってしまうと切れる手前の伸びきった状態になってしまいます。

では、子供を産んだ後に小さくなった胸を大きくする方法や胸が垂れたり、離れたりするのを改善する方法はあるのでしょうか?

産後のバストアップ方法

産後に胸が小さくなってしまう理由、それは女性ホルモンの分泌量が減ってしまうからです。
逆に言えば女性ホルモンの分泌量を増やすことで胸を大きくすることができます。

つまり、産後に胸を大きくする方法は、妊娠するまでのバストアップと変わりないということ。
女性ホルモンの分泌量を増やすことに大きく期待できるバストアップは2つあります。

  • バストアップサプリを飲む
  • バストアップクリーム・バストアップジェルを塗る

特に女性ホルモンへの影響が大きいのは「バストアップサプリを飲む」方法。
プエラリアミリフィカやプラセンタが入っているサプリほど女性ホルモンの分泌量を増やせます。

しかし、産後はホルモンバランスが乱れてしまいがちなので安易に女性ホルモンの分泌量を増やしてしまうと体に悪影響が出て危険。
例えば、体調が悪くなりやすくなったり、体臭が変化したりと色々な影響をおよぼします。

そのため、産後しばらくの間はバストアップサプリを服用することはおすすめしません。

産後の女性のホルモンバランスが安定するのにかかる時間は、個人差がありますが、卒入あるいは産後1年経過を目安にするようにしましょう。

産後のバストアップには女性ホルモンが必要ですが、気軽にバストアップサプリやバストアップクリームに頼ることはできません。
授乳が終わり、体調が整ってきから開始するようにしましょう。

産後に胸が下に垂れてしまうのを予防・改善する方法

妊娠で大きくなった胸の重みのせいで、胸と筋肉とを繋ぐクーパー靭帯が伸びてしまいます。

なので、産後の胸が下垂することを防いだり、改善するためには靭帯が伸びてしまうことを予防すること。
予防・改善するにには、「バストアップマッサージ」「バストアップブラ」が効果的です。

バストアップマッサージ

産後にバストアップマッサージをすることでクーパー靭帯を支えるための大胸筋を鍛えることができます。
もちろん、筋トレでも代用できますが筋トレだと逆に大胸筋を披露させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

産後のバストアップマッサージの手順
  1. 事前にマッサージクリームや石けんを使ったり、お風呂上りを狙ったりとマッサージしやすい環境を作る
  2. 片方のバストを約10~20回ほど円を描くようにマッサージする
  3. 下から上に揉み上げるようにリフトアップマッサージをする
  4. 左右の脇の脂肪を胸の中心に寄せるようマッサージをする

産後のバストケアマッサージはたったこれだけで大丈夫です。
あまり過度なマッサージをしてしまうとかえってクーパー靭帯を痛めてしまう恐れがあるため注意しましょう。

バストアップブラを付ける

重くなってしまった胸を支えることで、クーパー靭帯が伸びるのを予防、軽減することができます。

では、なぜバストアップブラがよいのか?
それは、2つの理由があります。

  • 普通のブラジャーだと胸をしっかりとホールドすることができないため、クーパー靭帯の伸びをおさえることができない。
  • ワイヤーが入っていると敏感な産後の胸を傷つけてしまう恐れがある。

また、授乳ブラは早めに卒業するようにしましょう。
理由として、便利なのは確かですが、バストラインを崩してしまいやすく、普通のブラジャーよりホールド性能が弱いため、クーパー靭帯の伸びを予防する効果が弱いからです。

そのため、伸縮性があり、ノンワイヤー・ノンタグを徹底しており、なおかつホールド力もあるバストアップブラやマタニティブラを使うことでクーパー靭帯が伸びることを予防、軽減することが必用になります。
また、寝てるときに胸が横に広がってしまい型崩れを引き起こす恐れがあるので、就寝用ブラ(ナイトブラ)を持っておくとさらに産後のバストケアは捗ります。

ナイトアップブラについては、おすすめナイトアップブラの効果と口コミの記事を参照してください。

産後のバストアップマッサージ、ブラの注意点

「バストアップマッサージ」「バストアップブラ」どちらの方法にも共通した注意点があります。
それは、産後の胸の形のキープをするときに気を付けるポイントは、「効果が出るまでには長い時間がかかる」ということを把握しておくこと。

また、伸びてしまった靭帯はそう簡単に矯正することができませんので、産後のバストアップケアには根気が必要になります。

産後のバストアップ・バストケアのまとめ

産後の身体は非常にデリケートなので、バストアップには十分注意することが必用です。
しかし、出産後、バストケアをしないと、胸が垂れてしまったり、小さくなっていくばかりです。

妊娠前のバストを維持するためには、妊活中、妊娠中、産後の努力が必用ですし、産後に小さくなってしまった胸を大きくするためには、授乳後、体調が安定してから努力が必用になります。